(廃駅跡) 上がり屋敷駅[西武池袋線]

撮影に西武池袋線の池袋3号踏切付近に行くことが多いのですが、この場所が廃駅跡であることに、最近気付きました。

西武池袋線の池袋3号踏切から池袋駅方面をみると、このように両側が少し広くなっています。向かって右側(下り線側)は少し高くなってコンクリートで覆われているところがあります。どうも、ここが当時のホームの趾だったようです。

反対側(上り側)も少し広くなっており、その横は空き地になっています。以前撮影に行っていた時にはここにコンビニのサンクスがありましたが、いつの間にかなくなっていました。

実はここは、武蔵野鉄道の「上がり屋敷駅」の跡地だそうです。この踏切から先に進むと目白駅につながるので、そちらを利用する方のための駅だったそうです。1929年設置で1945年に停止、正式には1953年に廃駅になったようです。実はここから少し北にあがったところに、「上がり屋敷公園」があり、この地域名が駅名になっていたと思われます。

ちなみに、この公園のところでスマホアプリの「駅メモ!」でCheck inすると、「上がり屋敷」にチェックインするのが、なかなか面白いです。でも、これって「撮り鉄」?

にほんブログ村 鉄道ブログ 中年鉄道ファンへ
にほんブログ村


鉄道写真ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA